神社由緒

御祭神

当神社は鎮西大社と称えられる長崎の総氏神様です。
諏訪・森崎・住吉の三社がおまつりされ、 厄除け・縁結び・海上守護の神社として崇敬されています。

主祭神 諏訪の社紋 諏訪大神(式神・厄除けの神) 建御名方神(たけみなかたのかみ)・八坂刀売神(やさかとめのかみ)
相殿神 森崎の社紋 森崎大神(万物創世・縁結びの神) 伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)
住吉の社紋 住吉大神(海上守護の神) 表筒之男神(うわつつのおのかみ)・中筒之男神(なかつつのおのかみ)・底筒之男神(そこつつのおのかみ)

御由緒

諏訪神社全景

長崎は、戦国時代にイエズス会の教会領となり、かつて長崎市内にまつられていた諏訪・森崎・住吉の三社は、焼かれたり壊されて無くなっていたのを、寛永2年(1625)に初代宮司青木賢清によって、西山郷円山(現在の松森神社の地)に再興、長崎の産土神としたのが始まりです。

さらに、慶安元年(1648)には徳川幕府より朱印地を得て、現在地に鎮西無比の荘厳な社殿が造営されました。
安政4年(1857)不慮の火災に遭い、社殿のほとんどを焼失しましたが、孝明天皇の思召しにより、明治2年(1869)に約十年の歳月をかけて以前に勝る社殿が再建され、さらに、昭和59年の御鎮座360年祭、平成6年の370年祭を記念して、二度の造営を行い現在の社殿が完成されました。

当神社の大祭(長崎くんち 10月7・8・9日)は、絢爛豪華で異国情緒のある祭として日本三大祭の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

このページのトップへ戻る