境内案内

手水の作法と故実

手水舎 手水は、神社参拝の前に水で手を洗い、口をすすいで体を清める作法です。
神社には、社殿の手前に水を張った手水舎があります。

手水の作法
作法は、まず柄杓に水を取り、左手を洗い、次に右手を洗います。
さらに左の手の内に水を溜め、その水で口をすすぎ、最後に残った水を柄杓に流し、元の位置にもどします。
手水にまつわる故実
神代の昔、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が黄泉の国(死者の国)での穢(気枯れ・けがれ)を除くために、身体を水に沈めて清められた禊(みそぎ)を簡略化したものです。
真清水の神秘的な霊力により身を清めたことに由来します。

このページのトップへ戻る